利用案内

GENERAL REMARKS

ナノテク融合技術支援センターは東北大学産学連携機構に設置された共用設備運用組織です。このセンターは、文部科学省のマテリアル先端リサーチインフラ事業(Advanced Research Infrastructure for Materials and Nanotechnology in Japan, ARIM(エーリム)事業)における課題採択から技術支援の管轄までを一貫して行っています。また、本学の自主事業としての学内外の研究者への支援に関する課題採択等(非公開課題など)も併せて実施しています。
 ご利用に際して以下の点にご留意ください。


ご利用頂ける方

ナノテクノロジーに関連した研究を行う研究者であれば、企業・研究機関問わずご利用いただけます。なお、ご利用にあたっては利用細則 の遵守が必要です。必ずご覧下さい。


ARIM 事業と当センターのご利用形態について

ARIM事業では装置共用だけではなく、データを共有することにより、日本全体のデータ駆動型研究開発を牽引していくことも目的としています。このような背景から当センターのご利用形態は次の三種類に大きく分類されます。

(1) 公開事業(注1)として共用装置を利用し、かつデータを提供していただける場合

(2) 公開事業として共用装置を利用するが、データは提供しない場合

(3) 上記のいずれにも該当しない共用装置の利用は ARIM事業から離れ、当センターの自主事業として扱われます。

(注1)公開事業とは装置利用の報告を行う利用形態です。この場合、利用報告書(A4/1枚程度)の提出が必要となります。利用報告書は代表機関等のホームページで公開されますので、特許出願、論文投稿などの理由による公開の延期をご希望の場合には、最長2年間の公開延期が可能です。 (詳細はこちら

利用料金について

装置の利用料金は上記の利用形態に応じて、大きく三段階に大別されます。詳細は料金表にてご確認ください。また事務局へのご質問も歓迎いたします。


ご利用の流れ

  1. 支援内容の相談(必要に応じて)
  2. CINTS myPage のアカウントを作成してください(はじめてのお客様のみ)
  3. 課題申請 ⇒ CINTS myPage にログインし、課題申請してください。
  4. 課題審査委員会による審査→審査結果の通知
  5. 担当教員との打合せ
  6. 確認書の提出。必要であれば、秘密保持契約等の締結 
    ※なお、微細構造解析分野・先端電子顕微鏡センターの学内ユーザーは、学内予算コードを記載する必要がある為、「確認書」の代わりに「先端電子顕微鏡センター設備等使用申請・許可書」の提出をお願いしております。採択後、事務局よりフォーマットをお送り致しますので、お待ちください。      
  7. 支援実施   
  8. 料金納入      
  9. (成果公開の場合)報告書の提出(記載例や技術相談用報告書はこちらからダウンロード可能です)⇒ Click here

利用形態

支援形態は以下のとおりです。どの形態が適当であるかなど、ご不明な点がある場合は、メール(office.cints@grp.tohoku.ac.jp)にてご相談ください。

技術相談

利用者の技術的な相談に応えるコンサルタントとしての支援。

機器利用 (装置利用)

利用者が本学に来所し、自ら試料作成や機器操作等を行う。必要に応じ、技術支援員等は操作法・解析法などの簡易指導を行う。

技術補助(技術支援)

利用者が本学に来所し、利用経験はあっても一人では希望する設備を操作できない場合に、技術支援員等の指導のもとで一連の研究を行う。技術支援員等は、随時、技術支援を行う。

技術代行(受託支援業務)

利用者から提供された課題に関して、技術支援員等が全面的に設備を操作して研究を行い、結果を利用者に提供する。

共同研究(共同支援業務)

共通の課題についての一連の計画を両者で立案し、共同で研究を行う。


謝辞記載のお願い

研究支援を受けて得られた成果を論文や学会等で公表する場合は、謝辞に必ず以下の文言と15桁のARIM課題番号(JPMXP12●●TU●●●●)を掲載下さい。

【和文】本研究(の一部)は,文部科学省マテリアル先端リサーチインフラ事業(東北大学(ご利用の支援分野)プラットフォーム)の支援を受けて実施されました。(JPMXP12●●TU●●●●)

【英文】(A Part Of) This Study Was Supported By Tohoku University ○○○ Platform In MEXT Advanced Research Infrastructure for Materials and Nanotechnology in Japan. (JPMXP12●●TU●●●●)